2017年度に中古車相場が下がりそうな中古車モデルを選びました

作成日 2017/1/8

 中古車の流通量の目安

☆マーク 市場の流通台数
50台未満
☆☆ 50〜200台
☆☆☆ 200〜500台
☆☆☆☆ 500〜1000台
☆☆☆☆☆ 1000台以上

軽自動車のねらい目モデル

ダイハツ タント(2代目)

e-S テクノロジー搭載モデルに注目

車名 中古相場 中古車流通量
ダイハツ タント 60〜190万円 ☆☆☆

スーパーハイトワゴン人気を決定づけた2代目タント。 2016年末には4度目の車検を迎えるため、すでに車両本体価格50万円以下の中古車が豊富。

人気モデルを少ない予算で探したい人はここ狙い一拓だが、今時の軽自動車らしい燃費性能が欲しい人は、ミライースから採用されたe-Sテクノロジー搭載の2011年12月以降の後期型に注目を 構造上車両重量が重くなるスーパーハイトワゴンでありながら24.8km/L(JCモード)に達したこのモデルが2度目の車検を迎える。 今はまだ300台未満の流通量だが一気に数が増えて相場が下がる可能性が高い。

スズキ アルトラパン (2代目)

現行型の増加で相場は下降トレンドに

車名 中古相場 中古車流通量
スズキ アルトラパン 30〜140万円 ☆☆☆☆☆

2015年6月に3代目となる現行型が発売されたラパン。 その中古車が1000台以上流通するようになったことで2代目の相場が大きく下落中。

ミニバンのねらい目モデル

ホンダ フリード (初代)

100万円以下の中古車が増加する気配

車名 中古相場 中古車流通量
ホンダ フリード 40〜220万円 ☆☆☆☆

2016年9月にフルモデルチェンジしたばかりのフリードは先代より広くなった室内空間が話題。

しかし、新型と同じホイールベース(2740mm)の初代もコンパクトミニバンでありながら3列目にも大人が座れる空間を確保している。 そんな初代フリードはデビューから8年以上販売されたロングセラーモデルということもありお得な中古車が多数。

車両本体価格50万円以下の中古車も出てきています。 車両本体価格100万円以下で見つかるのは2011年9月までの前期型が中心だが、今後は安全装備が充実した2014年3月までの中期型でもみつけやすくなりそうです。

ハッチバックの狙い目モデル

トヨタ プリウス (3代目)

 流通量8000台オーバーで平成25年式でも100万円以下に

車名 中古相場 中古車流通量
トヨタ プリウス 50〜280万円 ☆☆☆☆☆

2009年5月にデビューした3代目プリウスは低燃費志向の高まりもあり、ハイブリッドカーの代名詞として世の中に浸透しました。 そして2015年末にデビューした現行型プリウスは発売後1カ月で10万台の受注が入るなど空前の大ヒットモデルとなっています。

3代目からの買い替えユーザーも多いので、3代目は8000台を超える中古車が流通しています。 また、過去1年間で相場の平均価格は約18万円下がっています。 車両本体価格100万円以下の中古車が1700台以上流通するおいしい状態にある。 初回車検を終えたばかりの平成25年式でも車両本体価格100万円以下が見つかります。

スポーツカーの狙い目モデル

トヨタ 86 (現行型)

 相場の下限は変わりませんが、200万円以下の中古車が増加中

車名 中古相場 中古車流通量
トヨタ 86 150〜400万円 ☆☆☆☆

86は、2015年から相場の下限が150万円のまま推移しています。 これは車両本体価格150万円を切る中古車を探しているユーザーがたくさんいるから。 一方でデビューイヤーとなる平成24年式は2.0Gと2.OGTでMT/ATどちらもかなり流通していて、車両本体価格200万円を切る中古車が増えている。

走りを楽しみたい人もこのスタイリングを手に入れたい人も少し予算を増やして探して探してみるとおいしい86中古車が見つけやすくなる。 なお、86全体の相場の平均価格は上昇しているが、これはスタイルCbなどの限定車やカスタムカーが市場に出てきたためですね。

セダンの狙い目モデル

BMW 3シリーズツーリング (2代目)

 100万円以下でMスポーツパッケージも発見

車名 中古相場 中古車流通量
BMW 3シリーズ 60〜310万円 ☆☆

3シリーズツーリングは現行型が大きく相場を下げていて、それに押されるような形で先代も1年間で平均価格が30万円近く下がっています。 そろそろ底を打ちそうな気配なので、今が絶好の買い時だ。 2008年10月までの前期型なら車両本体価格100万円以下の中古車が豊富。

人気のMスポーツパッケージを探すこともできる。 でもオススメは、ボディサイズがマンションなどの機械式立体駐車場に止めやすい全幅1800mmとなりナビの画面もワイド化された後期型。 車両本体価格130万円前後でも走行距離5万キロ未満の中古車が豊富になる今の状況を逃す手はない。

お得な中古車ガイド

Copyright (C) 2017  お金節約派ユーザーのための狙い目の中古車モデル   All Rights Reserved.